ベーゼンドルファーを調律・修理をして30余年。
確かな技術で甦らせてきたピアノたち。
ヴィンテージ・ベーゼンドルファー専門店。

今から190余年前、ウィーンにてベーゼンドルファーは誕生します。そこから脈々と受け継がれてきた伝統の音色。Gala工房主宰であり技術者 福田泰博はベーゼンドルファーの1台1台のオリジナルの個性を生かしながら、年月を重ねたピアノだけが奏でられる音色に彩をよみがえらせています。詳しくは「ピアノメンテナンス」のページへ 

IMG_3773.JPG.jpg

​ドイツよりヴィンテージのベーゼンドルファーを直輸入

ヨーロッパの乾燥した地域で誕生したピアノにとって、湿気の多い日本は本来の力が発揮しにくい環境です。そこで、お客様にはヨーロッパで経年したヴィンテージピアノをお届けしたく、すべてドイツ周辺から見つけ出したピアノを輸入しております。

元ベーゼンドルファー日本代理店に所属していた福田夫妻が、まるでワインの年代のごとく熟成したピアノを吟味し仕入れています。

Gala工房には、現在Model170、200、225のサイズ違いのベーゼンドルファーを展示し、常に試弾、弾き比べのできる状態にしてあります。

また、楽器は、年月の人々の好む音に進化しつづけています。その中でその年代の音色の特徴を知り尽くし、お客様のお好みの音色とマッチングすることもしております。じっくりと自分と相性があうピアノとの出会いにお時間をかけながら探すことも時にはございます。

ピアノとの出会い。それは一生をともにする友との出会い。​そんな出会いをお手伝いさせていただきます。

P1010949.JPG
facebook.jpg
twitter.png
instagram.png